『ザ・フォール/警視ステラ・ギブソン』第1話

スポンサーリンク

the-fall

難事件に挑む女性警視を描くイギリスのドラマです。感想いきましょー!

第1話しか観ていない状況での感想です

このブログは、初見の海外ドラマの第1話だけを観て、僕が感じたことを率直に書く(だけの)ブログです。ストーリーを追えていない部分や誤解している部分もあると思いますが、僕個人の感想ということで、どうかよろしくお願いします。

もう一つ、このブログは基本的にネタバレを含みます。ネタバレといっても第1話の内容だけなのでそれほどダメージは大きくないと思いますが、知りたくない人はブラウザバックで戻ってね!

このブログのルールに関しては → こちら

第1話のあらすじ

舞台は北アイルランドのベルファスト。

アリス・モンローと言う女性が自宅で殺された。北アイルランド警察庁の捜査にもかかわらず、糸口のないまま犯人は野放しに。この状況を打開するため、ロンドンからやってきたのが警視ステラ・ギブソン。

一方、弁護士の女性が同僚と飲んだ後、帰宅すると何者かが自宅に侵入したような形跡がある。ベッドの上には下着が丁寧に並べられ、タンスの中の下着も数枚なくなっている。警察を呼ぶと、押し入った形跡がないため、今後も警戒を続けることを約束する。

また、カウンセラーのポールは2児の父。仕事中に患者の話を聞きながら、患者の裸を妄想して絵を描いているような男だ。その絵は日記のようにまとめて娘の部屋の屋根裏に隠している。妻には夜も相談に乗ると言って家を出たが、向かったのは例の弁護士の家。

ステラから下着泥棒に警戒するように言われた警察官は、先日の事件が気になって弁護士の家に寄ってみるが、家には人の気配がなく留守のよう。しかし、家の中では弁護士の女性がポールに殺されようとしていた…!

第1話の感想

第1話鑑賞中 → え? なになに? 全然つかめないよ?
第1話鑑賞後 → あー、なんとなくつながったかな?

状況が全く分からない、観る人を混乱させるようなドラマです。途中までは「警視ステラ・ギブソン」「弁護士の女性」「カウンセラーのポール」が全くリンクせず、3つの話が同時進行的に進みます。確かに、混乱させることによって雰囲気が出ていたかも。

振り返ってみると、第1話の話自体は全然複雑じゃないのに、描き方一つでこうも混乱してしまうものなんですね。もちろん意図的なものなんでしょうけど、これはぜひ一度味わってもらいたい。いつも僕はテンポのいいドラマを好んで観るので、観ていてモヤモヤしてしまう感じは個人的には新鮮でした。

イギリスのドラマなので、なんだろう、特有の暗い雰囲気というか、湿っぽさというか、そういうイギリスっぽさが出ていたと思います。

ということで、続きが気になる度は、

続きが気になる度

じゃん!

10点満点中6点です!

第1話のラストがラストなので、第2話は気になります。ただそれ以降も観たいかというと、第1話しか観ていない現時点では微妙。

以上、『ザ・フォール/警視ステラ・ギブソン』の感想でした!

『ザ・フォール/警視ステラ・ギブソン』を観るならNetflix

Netflixでしか配信されていないみたいです。

Netflixへ

starnote*